災害過程と再生過程 : 阪神・淡路大震災の小叙事誌

辻勝次 著

本書は1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災について5年間にわたって続けてきた災害研究をまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 研究の目的と本書の構成-課題設定と研究構想
  • 1章 調査環境と調査経過-調査行動とフィールド
  • 2章 基礎概念と全体像-災害過程と再生過程
  • 3章 先行期の人、家族、街区-住民構成、家屋状態
  • 4章 緊急期の人、家族、街区-危機と再生
  • 5章 災害過程と避難類型-「滞在時間」の階層差
  • 6章 再生過程と住宅再建-時間と場所の階層差
  • 7章 再生過程と支援ネットワーク-災害過程と再生過程
  • 8章 災害過程と職業被害-被害持続の構造要因
  • 9章 災害過程と地域特性-都市・長田と小町・富島
  • 10章 災害過程と社会変動-住居異動と地理異動
  • 11章 被害と再生の諸相-さまざまな被害、さまざまな再生
  • 終章 研究総括と被災地の状況-到達点と課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 災害過程と再生過程 : 阪神・淡路大震災の小叙事誌
著作者等 辻 勝次
書名ヨミ サイガイ カテイ ト サイセイ カテイ : ハンシン アワジ ダイシンサイ ノ ショウジョジシ
出版元 晃洋書房
刊行年月 2001.1
ページ数 325p
大きさ 22cm
ISBN 4771012229
NCID BA50389874
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20150654
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想