生命倫理学

ジャック・J.ローゼンベルグ 著 ; 小幡谷友二 訳

本書の前半は、現代科学によって明らかになってきた「有機体に固有のメカニズム」を哲学的に捉えなおす試みである。デカルト的な機械論では捉えきれない相互作用または可逆性といった生命の未知の領域を「生命語用論」と称する観点から総合的に考え直すという哲学者からの提案ともいえるだろう。特に人間の認知の問題、つまり人間の"脳‐精神"のメカニズムを解明するためには、生物学者と哲学者がお互いの知見を交換し合うことが重要であり、そうすることによって著者自身もP・S・チャーチランドが目指しているような"神経哲学者"たらんと望んでいる。そのために諸理論間の統合というものが主張されている。他方、後半では、一般的な意味での生命倫理学、つまり生物学の発展が及ぼす倫理的な影響についての考察がなされている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生命の倫理学、魂の倫理学、生命倫理学の問題
  • 第2章 発生の弁証法
  • 第3章 発生と認知
  • 第4章 アルツハイマー病と人間精神
  • 第5章 精神病理学と無意味の問題
  • 第6章 生命と精神の境界面
  • 第7章 生命(生物)語用論とエイズの弁証法
  • 第8章 精神病理学から生命倫理学へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命倫理学
著作者等 Rozenberg, Jacques J
小幡谷 友二
ローゼンベルグ ジャック・J.
書名ヨミ セイメイ リンリガク
書名別名 La bioéthique,corps et âme

Seimei rinrigaku
出版元 駿河台出版社
刊行年月 2001.1
ページ数 327p
大きさ 19cm
ISBN 4411003333
NCID BA50315594
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20150460
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想