予兆としての写真 : 映像原論

港千尋 著

イメージと言葉による探究の、新たな地平へ-写真から最新のマルチメディアまで、映像のダイナミズムを写真家自身の創造の現場から問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 複雑性の芸術
  • セレンディピティとわたしの方法
  • 大いなる移動の力
  • 予兆としての映像
  • 未来の光と影
  • 映像の自然
  • 写真のなかの野生
  • 瞬間の彫刻家
  • 受難と運命
  • イメージの権利

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 予兆としての写真 : 映像原論
著作者等 港 千尋
書名ヨミ ヨチョウ ト シテノ シャシン : エイゾウ ゲンロン
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.12
ページ数 168p
大きさ 21cm
ISBN 4000023926
NCID BA50296762
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20148297
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想