高群逸枝語録

高群逸枝 原著 ; 鹿野政直, 堀場清子 編

高群逸枝は、昭和初期から戦後にかけて、女性史学の最初の一頁を独学で拓いた。「世間並み、この言葉、呪われてあれ」と家制度を強烈に批判、母系制原理の論証を試みた彼女の学問と、詩人・アナキスト評論家として活躍ののち主婦の苦悩も抱えた波瀾に富む人生-。これらを語録で跡付けた、一つの女性史入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 学問(女性史の意義と目的
  • 多祖
  • 婿取
  • 性の商品化
  • 家父長制)
  • 2 人生(巻頭に(『恋愛創生』より)
  • 新女性主義の提唱-結婚制度と強権教化
  • 婦人戦線に立つ
  • 性における強権主義の敗北
  • 家庭否定論
  • 世の醜男醜女に与う-美醜闘争論
  • 女性から見た男性
  • 出発の哲学
  • 新しい女教員の立場(抄)
  • 路地裏の気
  • 家出の詩
  • 誓い)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高群逸枝語録
著作者等 堀場 清子
高群 逸枝
鹿野 政直
書名ヨミ タカムレ イツエ ゴロク
シリーズ名 岩波現代文庫 : 社会
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.1
ページ数 375p
大きさ 15cm
ISBN 4006030282
NCID BA50245535
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20153303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想