異文化コミュニケーションの理論 : 新しいパラダイムを求めて

石井敏, 久米昭元, 遠山淳 編著

メッセージ中心の理論、対人関係中心の理論、集団・組織中心の理論、異文化接触中心の理論など、異文化コミュニケーションに関連する既存の代表的な理論をやさしく批評的に解説する。さらに日本を含む東洋の文化的伝統に根ざした仮説理論の構築と提示を試み、新しいパラダイムを模索したわが国初の理論概説書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 異文化コミュニケーション研究の背景(研究の歴史的背景
  • 研究の方法と視点
  • 研究と実践)
  • 第2部 理論の概念と主要理論の特徴(理論の概念と理論の構築および評価
  • メッセージ中心の理論
  • 対人関係中心の理論 ほか)
  • 第3部 新理論構築への試み(新理論構築の意義
  • 情報代謝理論より異文化交流史研究へ
  • 縁の人間関係システム理論の構築 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異文化コミュニケーションの理論 : 新しいパラダイムを求めて
著作者等 久米 昭元
石井 敏
遠山 淳
書名ヨミ イブンカ コミュニケーション ノ リロン : アタラシイ パラダイム オ モトメテ
シリーズ名 有斐閣ブックス
出版元 有斐閣
刊行年月 2001.1
ページ数 223p
大きさ 22cm
ISBN 4641086575
NCID BA50198060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20158182
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想