中国経済改革と自動車産業

河村能夫 編

本書は、1996年4月から1999年3月までの3年間にわたって実施された、龍谷大学社会科学研究所指定プロジェクト「東アジアの経済発展と日本の役割」の成果として纏められたものである。本プロジェクトの目的は、東アジアの中でも、とくに改革・開放政策の採用以降、世界・日本にとって無視し得ない存在となりつつある中国の経済発展と日本との関係を考察することである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 21世紀初期における中国経済の成長
  • 第1部 経済改革と産業構造の変化(東アジアにおける国際分業の構造:産業内・企業内貿易の実証分析
  • 日本の対中ODAと日中関係
  • 中国の経済発展と対中直接投資の役割
  • 中国の対外開放度にみる地域間格差-対外貿易の規模・成長・構造に関する因子分析
  • 中国における産業構造の変化と支柱産業 ほか)
  • 第2部 中国自動車産業の現状(中国自動車産業における技術移転と企業間分業:上海大衆汽車のケース
  • 中国自動車産業における部品メーカーの経営実態)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国経済改革と自動車産業
著作者等 河村 能夫
書名ヨミ チュウゴク ケイザイ カイカク ト ジドウシャ サンギョウ
シリーズ名 龍谷大学社会科学研究所叢書 第40巻
出版元 昭和堂
刊行年月 2001.1
ページ数 260p
大きさ 22cm
ISBN 4812200229
NCID BA50190659
BA8704193X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20150651
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想