天皇と日本の近代  下

八木公生 著

実質的な執筆者・井上毅は『教育勅語』で立憲政体主義を掲げようとしていた!テキストに即した読みで従来の解釈に全面的な変更を迫り、そのうえで「戦後民主主義と天皇」を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第2部 『教育勅語』の思想(『教育勅語』への道-井上毅を中心に
  • 『教育勅語』の思想-井上毅による注解試論
  • 日本国憲法「第零条」-戦後民主主義と天皇)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天皇と日本の近代
著作者等 八木 公生
書名ヨミ テンノウ ト ニホン ノ キンダイ
シリーズ名 講談社現代新書
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 2001.1
ページ数 331p
大きさ 18cm
ISBN 4061495356
NCID BA50190193
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20148512
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想