ローズ奨学生 : アメリカの超エリートたち

三輪裕範 著

ローズ奨学金制度とは英国の帝国主義者セシル・ローズの遺言によって創設された留学制度で、毎年、旧英連邦を中心に世界各国から計八十八名の学生たちがオックスフォード大学で学んでいる。アメリカでは一九〇四年以降、すでに二千八百名以上の留学生が誕生、彼らの多くは、留学後、政界を中心に社会の各分野で活躍している。本書ではケネディ、クリントン政権における彼らの活躍を通して、アメリカ社会におけるエリートの意味について考えてみる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ローズ奨学金制度の創設(セシル・ローズの遺言
  • スポーツと男らしさの強調
  • セシル・ローズという男 ほか)
  • 第2章 ローズ奨学金制度の飛躍と発展(定員に満たない合格者
  • 急増した受験者
  • 散々な評価 ほか)
  • 第3章 ベトナム戦争とローズ奨学生(オックスフォードの刻印
  • ディーン・ラスクの成功
  • 陸軍から国務省へ ほか)
  • 第4章 クリントン政権とローズ奨学生(クリントンの生い立ち
  • 究極のネットワーカー
  • ロバート・ライシュとの出会い ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ローズ奨学生 : アメリカの超エリートたち
著作者等 三輪 裕範
書名ヨミ ローズ ショウガクセイ : アメリカ ノ チョウエリートタチ
書名別名 Rozu shogakusei
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2001.1
ページ数 214p
大きさ 18cm
ISBN 4166601504
NCID BA50172238
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20146431
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想