ギリシア神話の悪女たち

三枝和子 著

ホメロス、ヘシオドス、アイスキュロスやソポクレス、エウリピデスなど、ギリシア神話の主役は男たちである。かのボーボワールも『第二の性』のなかで「英雄たちの運命のなかで女はただ第二義的な役割しか演じておらぬ」と嘆いている。しかし物語には表もあれば裏もある。裏からながめると、魅力ある悪女たちが…。毒薬を操るメディア、権力を持つクリュタイメストラ、絶世の美女ヘレネ、邪恋の王妃パイドラ、父を殺して結婚したヒッポダメイア、母子相姦の汚名を着た王妃イオカステ、邪教に堕ちた母アガウェ、集団で夫を殺すダナイデスなど、悪女と呼ばれる女たちの魅力に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 憎まれた悪女たち(毒薬を操る女・メディア
  • 権力を持つ女・クリュタイメストラ
  • 絶世の美女・ヘレネ
  • 邪恋の王妃・パイドラ)
  • 第2章 畏怖された女神たち(大女神・ヘラ
  • 愛の女神・アプロディテ
  • 知と戦争の神・アテナ
  • 狩の女神・アルテミス
  • 夜と呪術の女神・ヘカテ
  • 豊穣の女神・デメテル
  • 家の守護神・ヘスティア)
  • 第3章 凶事を担当するニンフ集団(エリーニュエス・復讐の女神たち
  • 死者の国のニンフたち
  • 女武者集団・アマゾネス
  • 冥府の使い・セイレーネス
  • 詩歌女神・ムーサイ)
  • 第4章 心ならずも悪に堕ちた女たち(人類最初の女・パンドラ
  • 父を殺して結婚した女・ヒッポダメイア
  • 母子相姦の汚名を着た王妃・イオカステ
  • 邪教に堕ちた母・アガウェ
  • 集団で夫を殺すダナイデス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギリシア神話の悪女たち
著作者等 三枝 和子
書名ヨミ ギリシア シンワ ノ アクジョタチ
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2001.1
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 4087200728
NCID BA50164546
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20211911
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想