日本美術史

岡倉天心 著

岡倉天心の「日本美術史」は、日本で初めて試みられた体系的な古代から近代にわたる美術史講義である。未完に終わった論考「日本美術史論」に加え、日本を含めてアジア美術史を叙述する「泰東巧芸史」講義を併録した天心の美術史観・歴史観の全貌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本美術史(序論
  • 推古以前
  • 推古時代
  • 天智時代
  • 天平時代
  • 平安時代
  • 鎌倉時代
  • 足利時代
  • 豊臣時代
  • 徳川時代
  • 総叙)
  • 日本美術史論(六朝時代)
  • 泰東巧芸史(諸論
  • 古代芸術
  • 六朝・三韓・飛鳥朝
  • 唐・奈良朝(仏教的巧芸前期)
  • 晩唐・五代・北宋(仏教的巧芸後期その一)
  • 平安朝(仏教的巧芸後期その二)
  • 世間的巧芸 唐・奈良朝以後
  • 現代)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本美術史
著作者等 岡倉 天心
岡倉 覚三
書名ヨミ ニホン ビジュツシ
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 2001.1
ページ数 411p
大きさ 16cm
NCID BA50159400
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20138782
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想