多重人格性障害 : その診断と治療

フランク・W.パトナム 著 ; 安克昌, 中井久夫 訳 ; 金田弘幸, 小林俊三 共訳

本書は、解離性障害に不慣れな治療者を対象にした本である。経験ある治療者と多くの患者との治療作業からえられた、概念、技法、治療哲学の集積で、MPD治療者の世界での経験と主流的な考え方とをまとめ、精神保健領域の臨床家に伝えようと意図した。入門書としても参考書としても役立つように、たくさんの引用文献を掲げ、索引も付けてある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 解離
  • 第2章 多重人格性障害の歴史と診断基準
  • 第3章 病因、疫学、症候学
  • 第4章 多重人格性障害の診断
  • 第5章 交代人格
  • 第6章 治療の開始
  • 第7章 精神療法における諸問題
  • 第8章 精神療法のテクニック
  • 第9章 催眠と除反応の治療的役割
  • 第10章 補助的治療
  • 第11章 危機管理と治療的解決

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 多重人格性障害 : その診断と治療
著作者等 Putnam, Frank W
中井 久夫
安 克昌
小林 俊三
胡桃澤 伸
金田 弘幸
パトナム フランク・W.
書名ヨミ タジュウ ジンカクセイ ショウガイ : ソノ シンダン ト チリョウ
書名別名 Diagnosis and treatment of multiple personality disorder

Taju jinkakusei shogai
出版元 岩崎学術出版社
刊行年月 2000.11
ページ数 489p
大きさ 22cm
ISBN 4753300129
NCID BA5015680X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20146407
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想