刀と日本人

小川和佑 著

「日本刀」という名称は近々約150年の歴史しか持たない。いわば、そこに至るまでの日本人を記紀神話、万葉集に見ながら、日本の刀剣の革新と完成を見た後鳥羽院を論じることで、刀剣に王朝文化、つまり、桜文化を具現する院の理想を解く。それから約600年。頼山陽の日本刀詩によって、再び武器となり、幕末から近代に至る思想の象徴となった刀剣の数奇な運命を紐解きながら、再び、最先端技術に輝く日本刀の現代までを考察し、美こそ武を征するという思想の内奥を検証する評論集である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 後鳥羽院、美の殉教者(清明美への憧れ
  • 古代人の刀剣観
  • 天平の花・天平の大刀 ほか)
  • 第2章 思想としての日本刀(思想としての日本刀
  • 武士の魂の虚実)
  • 第3章 明治新体詩に甦る日本刀(江戸漢詩から明治新体詩へ
  • 近代文化の中の桜と刀)
  • 第4章 最先端技術に輝く日本刀の技術(武の時代を象徴する日本刀文化の終焉
  • ドーバー海峡を結んだ掘削機の切刃)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 刀と日本人
著作者等 小川 和佑
書名ヨミ カタナ ト ニホンジン : モウ ヒトツ ノ ニホンビ
書名別名 もう一つの日本美
出版元 光芒社
刊行年月 2000.12
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 4895421775
NCID BA50153583
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20138481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想