中国経済入門 : 目覚めた巨龍はどこへ行く

南亮進, 牧野文夫 編

本書は、中国経済に対する関心を換起し、中国経済の現状を平易に解説することを目的としている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 総論(目覚めた巨龍はどこへ?-中国経済の軌跡と展望
  • 社会主義市場経済とは何か?-漸進型移行経済と政府の役割)
  • 第2部 産業発展と企業改革(技術進歩なき成長か?-工業化と成長要因
  • 国有企業改革は失敗したか?-国有企業の改革と所有形態の多様化
  • 農村はいかに変化したか?-農業と郷鎮企業)
  • 第3部 労働市場と金融・資本市場(失業率は本当に低いのか?-人口変動と労働市場の形成
  • 金融は中国経済のアキレス腱か?-金融・資本市場の形成)
  • 第4部 対外開放と国際関係(輸出は成長のエンジンか?-国際貿易の要因と意義
  • 外資は何をもたらしたか?-外資導入の役割
  • 中国は国際社会にとって脅威か?-中華経済圏の形成と米中経済摩擦
  • 日中関係はいかにあるべきか?-日中関係の過去と将来)
  • 第5部 成果と課題(何が成長を制約するか?-エネルギー・環境・食糧
  • 改革の果実は誰の手に?-改革開放の光と影)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国経済入門 : 目覚めた巨龍はどこへ行く
著作者等 南 亮進
牧野 文夫
書名ヨミ チュウゴク ケイザイ ニュウモン : メザメタ キョリュウ ワ ドコエ ユク
出版元 日本評論社
刊行年月 2001.1
ページ数 236p
大きさ 22cm
ISBN 4535552053
NCID BA50153470
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20145991
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想