女大学評論 新女大学

福沢諭吉 著 ; 林望 監修福沢諭吉 著 ; 林望 監修

明治日本、女性に対する差別の現実を、江戸時代から読まれてきた女訓の書『女大学』を材料に、縦横無尽に論じた福沢諭吉の評論集。それから百年、民主主義を謳う現在の日本に、男女平等の思想は行きわたったかのか。いまいちど、その主張に耳を傾けてみる必要があるのではないだろうか。福沢の女性観・家族観が明確に語られる名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 女大学評論
  • 新女大学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女大学評論 新女大学
著作者等 林 望
福沢 諭吉
書名ヨミ オンナダイガク ヒョウロン. シン オンナダイガク
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2001.1
ページ数 146p
大きさ 15cm
ISBN 4061594729
NCID BA50138342
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20148238
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想