火の記憶  1

エドゥアルド・ガレアーノ [著] ; 飯島みどり 訳

これは小説なのか、随想なのか、叙事詩なのか、はたまた証言か、いや年代記かと問われても…文学のジャンルに引かれる国境線の存在を、わたしは信じない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 始源の声(創造
  • 太陽と月
  • 風 ほか)
  • 旧き新世界(1942 大海原-インディアスへ向かう太陽の航路
  • 1492 グアナアニ-コロン
  • 1493 バルセロナ-栄光の日
  • 1493 ローマ-アダムの遺言
  • 1493 ウエソツィンゴ-確かなものはどこにある、根をもつものはどこにある? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 火の記憶
著作者等 Galeano, Eduardo
Galeano, Eduardo H.
飯島 みどり
ガレアーノ エドゥアルド
書名ヨミ ヒ ノ キオク
書名別名 Memoria del fuego
巻冊次 1
出版元 みすず書房
刊行年月 2000.12
ページ数 482, 32p
大きさ 20cm
ISBN 4622046385
NCID BA50113090
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20129033
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想