セネカ

ピエール・グリマル 著 ; 鈴木暁 訳

ストア派の哲学者として、皇帝ネロの「家庭教師」をつとめたセネカ。彼は多くの道徳書簡や戯曲作品を残す一方で、ローマ帝政の実権を手中に収めていった。本書は、セネカの全生涯をたどりつつ、彼の哲学思想の本質を仔細に検討する。古代ローマ研究の硯学として名高いグリマルによる、セネカ解読の手引き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 誕生から追放まで
  • 第2章 追放の年月
  • 第3章 帰還と権力
  • 第4章 隠棲しての闘い
  • 第5章 最期の日々
  • 第6章 セネカの遺産

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 セネカ
著作者等 Grimal, Pierre
鈴木 暁
グリマル ピエール
書名ヨミ セネカ
書名別名 Sénèque

Seneka
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 2001.1
ページ数 154, 2p
大きさ 18cm
ISBN 4560058350
NCID BA50110875
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20146432
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想