魚食の民 : 日本民族と魚

長崎福三 著

日本人は、魚を酒菜とよび真菜とよぶほどに遙かな昔から魚に親しんできた魚食の民であり、現代に伝わる豊かな魚食文化を築きあげてきた。魚食の民は漁りの民であり、魚食の歴史はすなわち漁りの歴史でもある。しかしかつて多彩な魚貝を育んできた豊饒の海はいまや危機に瀕し、魚貝は数も種類も少なくなった。日本人と魚のかかわりを、日本人‐魚食‐漁業という構図の中で考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本人と魚食
  • 第2章 魚と旬
  • 第3章 魚を追って
  • 第4章 漁る人びと
  • 第5章 漁業盛衰
  • 第6章 ある魚食論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魚食の民 : 日本民族と魚
著作者等 長崎 福三
書名ヨミ ギョショク ノ タミ : ニホン ミンゾク ト ウオ
書名別名 Gyoshoku no tami
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2001.1
ページ数 295p
大きさ 15cm
ISBN 4061594699
NCID BA50096683
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20126337
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想