未来への記憶 : 自伝の試み  下

河合隼雄 著

現代社会の諸現象を見事に解読し、さまざまな示唆を与え続ける臨床心理学者・河合隼雄は、いかにして誕生したのか。学問としての心理学を求めて渡った米国で自己の中の「日本」を再発見した著者は、ユング派の分析家の資格を得るべく家族をともなってスイスへ。豊かな出会いと発見、そして著者自身の成長の軌跡が、生き生きと語られる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 4 異文化のなかの出会い-アメリカ留学時代
  • 5 分析家への道-ユング研究所での三年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 未来への記憶 : 自伝の試み
著作者等 河合 隼雄
書名ヨミ ミライ エノ キオク : ジデン ノ ココロミ
書名別名 Mirai eno kioku
シリーズ名 岩波新書
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.1
ページ数 191p
大きさ 18cm
ISBN 4004307082
NCID BA50095159
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20153319
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想