世界史の臨界

西谷修 著

何が終ったのか-グローバルな一元化に向かう世界の現在を、千年のスケールで批判的に解剖する。民族の軸によって「歴史の主体」たろうとすることでも、イデオロギー崩壊後の勝利の歌にくみするのでもない、生きられる「現在」=歴史のヴィジョンとは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 世界史の登録商標
  • 歴史の終り?
  • 「歴史」とはどういう装置か
  • 「世界史」の発明
  • 「ヨーロッパ」はいかにして自己を形成したか
  • 世界史の臨界
  • 別の「世界性」に向けて-イスラーム的現代
  • 「歴史」とその亡霊-クレオールの語り
  • 共産主義と無神論
  • 歴史と内在-宮沢賢治の一〇〇年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界史の臨界
著作者等 西谷 修
書名ヨミ セカイシ ノ リンカイ
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.12
ページ数 310p
大きさ 20cm
ISBN 4000236180
NCID BA50082259
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20146147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想