海洋連邦論 : 地球をガーデンアイランズに

川勝平太 著

本書は、日本が海洋国として、「水の惑星」の未来のモデルたりうる「太平洋文明」の一翼を担うべきことを確信し、よき未来構築のための土台としての歴史観を開陳したものであり、中間報告である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 陸の世界史から海の地球史へ
  • 1 西太平洋津々浦々連合(ブローデル『地中海』との出会い
  • 「海洋アジア」の発見
  • 西太平洋津々浦々連合)
  • 2 豊饒の海のガーデンアイランズ(「草の海」から構想する-司馬文学の魅力
  • 地球ガーデンアイランズ構想
  • 茶の文化と文明)
  • 3 二十一世紀日本の構想(近代の超克
  • 教育の改革
  • 地域の連合)
  • エピローグ 小渕恵三前首相とのこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海洋連邦論 : 地球をガーデンアイランズに
著作者等 川勝 平太
書名ヨミ カイヨウ レンポウ ロン : チキュウ オ ガーデン アイランズ ニ
出版元 PHP研究所
刊行年月 2001.1
ページ数 269p
大きさ 20cm
ISBN 4569605362
NCID BA50074035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20146127
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想