ギュスターヴ・フロベール

アルベール・チボーデ 著 ; 戸田吉信 訳

小説に内在する論理を作家フロベールの内面の持続(ベルクソン的)の中で追求し、従来のフロベール観の転換点を画すばかりでなくその後の研究の出発点とされる古典的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 若き日々
  • 第2章 女たち
  • 第3章 オリエントへの旅
  • 第4章 フロベールの実験室
  • 第5章 『ボヴァリー夫人』
  • 第6章 『サラムボー』
  • 第7章 『感情教育』
  • 第8章 『聖アントワーヌの誘惑』
  • 第9章 『ブヴァールとペキュシェ』
  • 第10章 フロベールの文体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギュスターヴ・フロベール
著作者等 Thibaudet, Albert
戸田 吉信
チボーデ アルベール
書名ヨミ ギュスターヴ フロベール
書名別名 Gustave Flaubert

Gyusutavu furoberu
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 703
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2001.1
ページ数 463p
大きさ 20cm
ISBN 4588007033
NCID BA50035000
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20164609
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想