天狗と山姥

折口信夫 ほか著

"山の魔怪"の意味を解く。人間の心の奥底に迫る「怪異」と「不思議」の世界。さまざまな分野にひらかれた新しい民俗学大系(全8巻)の全貌が明らかに。各巻巻末に小松和彦の書き下し解説を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 天狗の文化史(天狗への憧れと期待
  • 猿田彦考
  • 相応和尚と愛宕山の太郎坊-説話の歴史 ほか)
  • 2 天狗の民俗学(崇徳上皇
  • 加賀・能登の天狗伝説考
  • 天狗と庶民信仰 ほか)
  • 3 山姥の民俗学(鷽替え神事と山姥
  • 「食わず女房」と女の家
  • 他者の原像-人見知りをめぐっての鬼と山姥の考察 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天狗と山姥
著作者等 小松 和彦
折口 信夫
小峯 和明
村山 修一
柴田 実
森 正人
馬場 あき子
書名ヨミ テング ト ヤマウバ
書名別名 Tengu to yamauba
シリーズ名 怪異の民俗学 / 小松和彦 責任編集 5
出版元 河出書房新社
刊行年月 2000.12
ページ数 434p
大きさ 20cm
ISBN 4309613950
NCID BA5000136X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20143281
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想