エイズ : ウイルスの起源と進化

Jaap Goudsmit 著 ; 山本太郎 訳

エイズの起源については現在でも大きな謎とされている。はなはだしくは、生物兵器開発によって引き起こされた疾病であるという噂が信憑性をもって語られたこともあった。本書はそうしたエイズの起源を生態系の変化のなかに探ろうとした書である。古代エジプトのミイラにエイズウイルスの痕跡を探り、アフリカの熱帯雨林のなかにエイズ・コネクションの存在を求めている。また、第二次世界大戦を挟んでヨーロッパで流行した乳幼児肺炎にエイズウイルスの原型を求めたりしている。古代から現代、旧世界から新世界、類人猿から人類と、時代や地域、種を越えてエイズの起源を明らかにしようとした書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 正体を現わしたウイルス
  • 2 HIV発見をめぐる物語と一九八〇年以前のエイズ流行の様相
  • 3 ベビーブーム-ウイルスサブタイプの栄枯盛衰
  • 4 アフリカ大陸-HIV‐1の起源を訪ねて
  • 5 HIV‐0とHIV‐1-チンパンジー・コネクション
  • 6 HIV‐2-スーティーマンガベイ・コネクション
  • 7 ミイラの中にSIVの起源を探る
  • 8 SIVやHIV以前に存在したウイルスたち-ネコ・コネクション
  • 9 ミステリーの探検者-HIVの未来
  • 10 ウイルスのセックスとエイズ-不安定性に対する対応
  • 11 レトロウイルスの生き残り戦略-人類に対する脅威
  • 12 人類生き残りのための戦略-HIVワクチン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エイズ : ウイルスの起源と進化
著作者等 Goudsmit, Jaap
山本 太郎
ゴズミット ヤープ
書名ヨミ エイズ : ウイルス ノ キゲン ト シンカ
書名別名 Viral sex

Eizu
出版元 学会出版センター
刊行年月 2001.1
ページ数 454p
大きさ 20cm
ISBN 4762229636
NCID BA4998044X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20143628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想