引きこもり

塩倉裕 著

引きこもりはぜいたくか?反社会的な存在か?引きこもりをめぐる様々な言論について、前作『引きこもる若者たち』を世に問うた、朝日新聞記者である著者が本人たちとの対話を通し、考えていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 インタビュー引きこもりを語る(不登校から引きこもりへ-二十八歳の男性の体験から
  • 「僕は地獄行き」-母親に暴力をふるってきた二十七歳の男性の体験から
  • 他人に害を与える存在としての私-三十三歳の女性の体験から
  • 親の力を借りるということ-二十三歳の男性の体験から
  • 当事者グループを立ち上げて-三十九歳の女性の体験から)
  • 第2部 引きこもりを考える(西暦2000年の新展開
  • 引きこもりとは何か
  • 引きこもりと社会)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 引きこもり
著作者等 塩倉 裕
書名ヨミ ヒキコモリ
書名別名 Hikikomori
出版元 ビレッジセンター出版局
刊行年月 2000.12
ページ数 281p
大きさ 19cm
ISBN 4894361396
NCID BA49961489
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20140645
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想