装飾の神話学

鶴岡真弓 著

たんなる飾りではなく、人間の真摯な希いが織り成した装飾美術。その多彩な表現から何が読み解けるのか。古今東西の装飾美術を駆けめぐる、軽やかな知の旅への誘ない。装飾美術時間紀行。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ケルト文様の夢幻
  • 組紐文様の呪力
  • 聖なる動物たち
  • アカンサスの繁茂
  • ペイズリーの不思議な旅
  • グロテスクの奇想
  • メアンダーと女神
  • 生命の花、睡蓮
  • 飾りとしての女体
  • ロココ-草と花と貝殻と
  • カルトゥーシュの眼
  • 驚異のドラゴン
  • 星をめぐる物語
  • 白鳥伝説
  • 純潔と死のユリ
  • 薔薇の秘密
  • 鳥は神の使い
  • 世界樹と生命の木
  • 魚の輝くからだ
  • 「曲線」の魔術
  • なめらかな楕円
  • 装飾のコスモスへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 装飾の神話学
著作者等 鶴岡 真弓
書名ヨミ ソウショク ノ シンワガク
書名別名 Soshoku no shinwagaku
出版元 河出書房新社
刊行年月 2000.12
ページ数 248p
大きさ 20cm
ISBN 4309264417
NCID BA4995517X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20136344
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想