昭和・遠い日近いひと

澤地久枝 著

治安維持法下に非命の死を遂げた川柳人、鶴彬とその足跡を辿ることに半生を賭けた男の執念。松川裁判に奔走した作家、広津和郎の私生活の修羅。シベリアに八年間抑留された鹿野武一がラーゲリから妻に書き送った手紙。-有名無名の九人の男と女が紡いだ必死の生とその果ての様々な死から昭和の闇を解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 治安維持法下の愛と死
  • 「父いづこ」という環
  • 反戦川柳作家、鶴彬
  • 「太田伍長の陣中手記」以後
  • アッツ島玉砕者のたより
  • 占領下の花、鈴木しづ子
  • 広津和郎、男としての誠実
  • 山村農家の母の自死
  • シベリア抑留八年夫と妻

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和・遠い日近いひと
著作者等 沢地 久枝
書名ヨミ ショウワ トオイ ヒ チカイ ヒト
書名別名 Showa tooi hi chikai hito
シリーズ名 文春文庫
出版元 文藝春秋
刊行年月 2000.12
ページ数 331p
大きさ 16cm
ISBN 4167239213
NCID BA49920969
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20120748
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想