どうする学力低下 : 激論・日本の教育のどこが問題か

和田秀樹, 寺脇研 著

ゆとり教育推進VSゆとり教育反対。「教育改革の旗手」と「受験の神様」による大論争。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「学力低下」を情緒的に論じてはならない(教育問題を考えるお互いのポジション
  • 日本の大学は一流か
  • 大学教育に対する議論が少ない ほか)
  • 第2章 「まだ卒業できない」と言われる子も出る(学歴神話が消えたことによる不幸
  • 改革は手順を踏まなければ成功しない
  • 教育問題は地方選挙の争点であるべき ほか)
  • 第3章 「硬軟両作戦」で教育改革を展開すべし(「心の教育」という文学的スローガン
  • 小・中・高で異なる「ゆとり」の意味
  • EQ教育で他者への共感能力を得る ほか)
  • 第4章 「ゆとり教育」は行政的なレトリックである(評価における三つの要素
  • ミニマム・リクワイアメントで教師の適格性がわかる
  • 知識が画一的でなくなった時代の教育は ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 どうする学力低下 : 激論・日本の教育のどこが問題か
著作者等 和田 秀樹
寺脇 研
書名ヨミ ドウスル ガクリョク テイカ : ゲキロン ニホン ノ キョウイク ノ ドコ ガ モンダイ カ
出版元 PHP研究所
刊行年月 2000.12
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 4569612512
NCID BA49912563
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20136339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想