戦後改革と民主主義 : 経済復興から高度成長へ

浅井良夫 著

占領期の経済改革および戦後の経済再建過程の歴史的特質を、民主化とアメリカニゼーション、西欧諸国の経済社会システム(ケインズ主義的福祉国家体制)の形成と一体になった経済復興という二つの側面から解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 経済改革と戦後民主主義
  • 2 反独占の思想と政策-金融制度改革と銀行分割政策
  • 3 社会化構想と国有化・国家管理
  • 4 ドッジ・ラインの歴史的意義
  • 5 対日援助と経済復興
  • 6 戦後改革の帰結
  • 7 高度成長への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後改革と民主主義 : 経済復興から高度成長へ
著作者等 浅井 良夫
書名ヨミ センゴ カイカク ト ミンシュ シュギ : ケイザイ フッコウ カラ コウド セイチョウ エ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2001.1
ページ数 302, 8p
大きさ 22cm
ISBN 4642036997
NCID BA49908453
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20143362
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想