FRB-ドルの守護神

中尾茂夫 著

ニューエコノミーに沸いた九〇年代のアメリカ金融界。好景気の立役者としてグリーンスパンFRB(連邦準備制度理事会)議長を挙げる声は多い。独自の権限を持つ、この巨大な規制監督官庁・FRBの組織と戦略とは?本書では、二十世紀のアメリカ金融史をたどりながら、日欧に比べ中央銀行創設に遅れた米国が、いかにドルを基軸通貨にしえたのかを分析。さらに公定歩合、公開市場操作の仕組みを詳しく解説。FRB、シカゴ連銀での研究歴を持つ著者が、したたかなアメリカ的金融の秘密に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ いま、なぜアメリカの金融なのか
  • 第1章 アメリカ的金融から眺める二十世紀
  • 第2章 FRB成立前後のアメリカ
  • 第3章 アメリカ的金融制度の特徴
  • 第4章 ニューエコノミーとは何か
  • エピローグ アメリカは資本市場をいかに認識するか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 FRB-ドルの守護神
著作者等 中尾 茂夫
書名ヨミ FRB ドル ノ シュゴシン
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2000.12
ページ数 208p
大きさ 18cm
ISBN 4569613926
NCID BA49845342
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20130339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想