福祉国家の優生思想 : スウェーデン発強制不妊手術報道

二文字理明, 椎木章 編著

1997年8月20日、スウェーデンの日刊紙「ダーゲンス・ニーヘーテル」がつい最近まであった事実として強制不妊手術の実態を報道した。本書では、発端となった「サレンバの記事」を発火点に、スウェーデンでの各界のおおまかな動向、わけても、スウェーデン政府の取った行動を明らかにした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 サレンバの衝撃
  • 第2章 サレンバの背景
  • 第3章 サレンバの波紋
  • 第4章 スウェーデン政府の対応
  • 第5章 世界の対応

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福祉国家の優生思想 : スウェーデン発強制不妊手術報道
著作者等 二文字 理明
椎木 章
書名ヨミ フクシ コッカ ノ ユウセイ シソウ : スウェーデン ハツ キョウセイ フニン シュジュツ ホウドウ
シリーズ名 世界人権問題叢書 38
出版元 明石書店
刊行年月 2000.12
ページ数 206, 8p
大きさ 20cm
ISBN 4750313610
NCID BA4984094X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20145930
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想