議論術速成法

香西秀信 著

議論をうまく進めるにはどうしたらよいか?議論に負けないためにはどうしたらよいか?本書は、議論に巧みな人たちが意識的にあるいは無意識的に用いている方法を、公然と「盗用」する試みである。古代ギリシア人が始めた「議論のための発想の型(トポス)」に学び、彼らが使ったレトリックをそのままの姿で、あるいは合理的に変形し、いま現在、役に立つものだけを取り出して活用する。ディベート時代の現代において、ビジネスマンはじめ学生や学校の先生にも必携の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ギリシャの舌はまだ動いている
  • 第1章 論法を蓄える(思考術としてのトピカ
  • アリストテレスの"雑然たる"論法集-正統篇
  • アリストテレスの"雑然たる"論法集-異端篇 ほか)
  • 第2章 「常套句」を操作する(論戦での不意打ちを防ぐための処方集
  • 「常套句」の誕生
  • 「常套句」としての通念 ほか)
  • 第3章 選ばれるための条件を知る(われわれの選択を左右する論拠
  • 量と質のトポス
  • 順序のトポス ほか)
  • 第4章 自分の「議論的」気質を発見する(論者の個性と使用する論法との関係
  • 間接的に自己を知る
  • 私のトピカ-福田恒存氏の論争術より)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 議論術速成法
著作者等 香西 秀信
書名ヨミ ギロンジュツ ソクセイホウ : アタラシイ トピカ
書名別名 新しいトピカ
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2000.12
ページ数 202p
大きさ 18cm
ISBN 4480058753
NCID BA4982768X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20148510
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想