シーボルト『日本植物誌』  本文覚書篇

P.F.B.フォン・シーボルト 著 ; 大場秀章 監修・解説 ; 瀬倉正克 訳

シーボルトが見た日本の植物-日本の植物を美しい彩色画で初めてヨーロッパに紹介し賞讃を博した『日本植物誌』。その本文からシーボルト本人が日本での見聞をもとに書き残した「覚書」を編纂・待望の全訳。江戸の人々と植物と文化の結びつきを伝える貴重な資料。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • シキミ
  • シイ
  • レンギョウ
  • オキナグサ
  • シュウメイギク
  • ウツギ
  • マルバウツギ
  • ヒメウツギ
  • ツクシシャクナゲ
  • キリ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シーボルト『日本植物誌』
著作者等 Siebold, Philipp Franz von
大場 秀章
木村 陽二郎
瀬倉 正克
Philipp Frantz Balthasar von Siebold
シーボルト P.F.B.フォン
書名ヨミ シーボルト ニホン ショクブツシ
書名別名 シーボルト日本の植物

Flora Japonica
巻冊次 本文覚書篇
出版元 八坂書房
刊行年月 2007.10
版表示 改訂版
ページ数 291, 7p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89694-899-8
NCID BA49819761
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21408859
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ラテン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想