統計力学

鈴木増雄 著

統計力学は現代物理学の重要な柱をなす基本科目の一つである。本書では、統計力学の原理・基本的枠組みから説き起こし、重要な手法、相転移、非平衡系、さらにスピングラスなど複雑性の科学への入門までを、現代的視点から解説する。一般化された密度行列を早い段階で導入し、以後一貫してこれを用いながら統計力学理論を展開する。とくに、今後ますます重要となると思われる指数演算子の一般分解理論は、紙数をさいて詳述している。岩波講座としての第2次刊行に際し、新しい量子解析とその応用を補章として加えている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 統計力学の原理
  • 2 統計力学の手法
  • 3 相転移の統計力学
  • 4 非平衡系の統計力学
  • 5 複雑性の科学へ
  • 補章 量子解析とその応用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統計力学
著作者等 鈴木 増雄
書名ヨミ トウケイ リキガク
シリーズ名 現代物理学叢書
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.12
ページ数 326p
大きさ 22cm
ISBN 4000067516
NCID BA49809961
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20146204
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想