鎌倉幕府の転換点 : 『吾妻鏡』を読みなおす

永井晋 著

源頼朝は、以仁王の令旨を受け取ったから挙兵したのか。畠山重忠は、源家重代の家人といえるのか。北条政子は、息子である頼家をなぜ将軍職から追い落としたのか。源実朝は、どうして将軍になれたのか。従来、通説として流布してきた鎌倉幕府にまつわる出来事を、正史『吾妻鏡』の精緻な読みなおしによって、白日の元にさらす。将軍権力や執権体制の形成と変革の過程の実態に迫り、鎌倉幕府の歴史にあらたな光を当てる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 鎌倉幕府の転換点を考える
  • 第1章 可能性としての源頼朝
  • 第2章 ポスト頼朝を勝ち残るのは誰か-比企氏の乱への道
  • 第3章 北条時政の栄光と没落
  • 第4章 源氏はなぜ断絶したのか-承久の乱の一側面
  • 第5章 北条政子の時代が終わるとき
  • 第6章 宝治合戦の真実-北条時頼の苦悩と安達景盛の決断
  • 終章 『吾妻鏡』最後の事件-宗尊親王送還

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鎌倉幕府の転換点 : 『吾妻鏡』を読みなおす
著作者等 永井 晋
書名ヨミ カマクラ バクフ ノ テンカンテン : アズマカガミ オ ヨミナオス
シリーズ名 吾妻鏡
NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2000.12
ページ数 220p
大きさ 19cm
ISBN 4140019042
NCID BA49808812
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20142934
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想