月をめざした二人の科学者

的川泰宣 著

宇宙開発競争をくりひろげた冷戦期の米ソは、それぞれ稀有な才能を擁していた。ソ連には、粛清で強制収容所に送られながら、後に共産党中央委員会を「恫喝」して世界初の人工衛星スプートニクを打ち上げたコロリョフ。アメリカには、「ナチスのミサイル開発者」と白眼視されながらも、アポロ計画を成功に導いたフォン・ブラウン。遠く離れた地にありながら、同じように少年の日の夢を追い、宇宙をめざした二人の軌跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生い立ち
  • 第2章 粛清とファシズムと
  • 第3章 V‐2からの出発
  • 第4章 人工の星をめざして
  • 第5章 有人飛行への先陣
  • 第6章 月への助走
  • 第7章 ジェミニ計画とコロリョフの死
  • 第8章 月着陸とフォン・ブラウンの死

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 月をめざした二人の科学者
著作者等 的川 泰宣
書名ヨミ ツキ オ メザシタ フタリ ノ カガクシャ : アポロ ト スプートニク ノ キセキ
書名別名 アポロとスプートニクの軌跡

Tsuki o mezashita futari no kagakusha
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2000.12
ページ数 263p
大きさ 18cm
ISBN 4121015665
NCID BA49808583
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20153323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想