新編特別活動の理論と実践 : 教職必携

笈川達男 監修

本書は、「特別活動」をめぐる諸事情と教育職員免許法の改正、ならびに学習指導要領の改訂をふまえて、大学での「特別活動」の講義を展開される際の教科書として、また、平成2年4月に改正された免許法上の要件は、現職教員が「特別活動」について一層研修すべき必要性を加重するものと受け止めて、その研修資料として活用されることを願って、長年の教職経験をふまえて、努めてわかりやすく実際に即して述べ、「特別活動」の実践的指導力の修得を期待するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 特別活動の今日的意義
  • 第2章 特別活動の歩み
  • 第3章 学校教育と特別活動
  • 第4章 特別活動の目標と目標の具現化
  • 第5章 特別活動の内容とその性格
  • 第6章 特別活動の評価
  • 第7章 特別活動と学校経営

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新編特別活動の理論と実践 : 教職必携
著作者等 笈川 達男
井出 功孝
書名ヨミ シンペン トクベツ カツドウ ノ リロン ト ジッセン : キョウショク ヒッケイ
書名別名 Shinpen tokubetsu katsudo no riron to jissen
出版元 実教
刊行年月 2000.12
ページ数 220p
大きさ 21cm
ISBN 4407030542
NCID BA49790342
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20120658
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想