チョムスキー

田中克彦 著

生成文法は言語学の革命だったのか-チョムスキーの言語学と彼のラディカルな政治批判の関連を論じ、思想としての言語理論の問題を根底から問う。チョムスキー理論とはなにか、その思想的背景はなにかに、はじめて明快に答え、論争をよぶ問題の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 思想としての言語理論
  • 第1章 革命の対象
  • 第2章 革命の装置
  • 第3章 革命の教条
  • 第4章 革命の成果
  • 第5章 チョムスキー革命とは何であったか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チョムスキー
著作者等 田中 克彦
書名ヨミ チョムスキー
書名別名 Chomusuki
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.12
ページ数 272p
大きさ 15cm
ISBN 4006000359
NCID BA49762391
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20126339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想