福沢諭吉文明と社会構想

中村敏子 著

家族の関係および家族と社会との関連に注意しながら福沢の議論を綿密に読み直し、その文明論に歴史の洞察をみたうえで、社会の現実のなかで福沢の思想を生かし得る社会構想を掲示する、現代自由学芸の騎士による、挑戦の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『文明論之概略』と文明化の道(基本的人間像と社会契約論
  • 『文明論之概略』における転換
  • 日本の独立と文明化の戦略
  • 非合理な「情」と外向きの国権論 ほか)
  • 第2章 文明化のなかの女性と男性(文明化における女性のあるべき姿
  • 男性の品行に関する現状改革論
  • 男女交際のあるべき姿とその方便
  • 人間のあるべき姿と人間関係の原理論 ほか)
  • 第3章 文明における個人と家族(西洋文明化における女性と家族
  • 近代を超える福沢諭吉の思想)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福沢諭吉文明と社会構想
著作者等 中村 敏子
書名ヨミ フクザワ ユキチ ブンメイ ト シャカイ コウソウ
シリーズ名 文明論之概略
現代自由学芸叢書
出版元 創文社
刊行年月 2000.11
ページ数 189, 11p
大きさ 22cm
ISBN 4423730960
NCID BA49761876
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20148456
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想