20世紀物理はアインシュタインとともに

中村誠太郎 著

「神はサイコロを好まず」と言いつづけたアインシュタイン。ボーア、パウリ、ボルン、ハイゼンベルグ、ディラックらとの論争を通して、相対性理論、量子論、宇宙論はいかにしてつくられたのか?20世紀物理学の全貌が鮮明によみがえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 特殊相対性理論の建設
  • 第2章 一般相対性理論へ
  • 第3章 量子論の展開をめぐって
  • 第4章 同時代の学者との交流
  • 第5章 宇宙論
  • 第6章 ヨーロッパからアメリカへ
  • 第7章 原爆と平和運動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 20世紀物理はアインシュタインとともに
著作者等 中村 誠太郎
書名ヨミ 20セイキ ブツリ ワ アインシュタイン ト トモニ : ドウジダイ ノ ブツリガクシャ トノ コウリュウ ト ロンソウ
書名別名 同時代の物理学者との交流と論争

20seiki butsuri wa ainshutain to tomoni
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 2000.12
ページ数 185, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4062573148
NCID BA49758780
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20143217
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想