第三帝国の音楽

エリック・リーヴィー 著 ; 望田幸男 監訳 ; 田野大輔, 中岡俊介 訳

現代にいたるドイツ音楽の連続性を念頭におきつつも、従来の伝記的叙述から踏み出し、同時代の諸資料を博捜することによって、20世紀文化史上の暗黒時代における音楽のあり方をトータルに把握する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ワイマル共和国における音楽の保守反動(一九一九‐三三年)
  • 第2章 音楽と国家統制
  • 第3章 反ユダヤ主義
  • 第4章 退廃音楽-モダニズムへの闘争
  • 第5章 音楽に奉仕する技術-ラジオとレコード
  • 第6章 市場への対応-第三帝国における音楽出版業
  • 第7章 順応か挑戦か-第三帝国下のオペラハウス
  • 第8章 連続性と非連続性-オーケストラとそのレパートリー
  • 第9章 音楽史の書き換え-音楽の文献と定期刊行物

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 第三帝国の音楽
著作者等 Levi, Erik
中岡 俊介
望田 幸男
田野 大輔
リーヴィー エリック
書名ヨミ ダイサン テイコク ノ オンガク
書名別名 Music in the Third Reich
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2000.12
ページ数 305, 22p
大きさ 22cm
ISBN 4815803978
NCID BA49758521
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20140890
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想