仏画の見かた

中野照男 著

仏画は"ほとけ"の世界観を分かりやすく描いている。如来はもとより菩薩・明王が中心となり、その仏と取巻くものたちが合わせて画面を構成。仏教の世界を求めて、中央アジア・中国・朝鮮・日本の多彩な仏たちを旅する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 釈尊から仏陀へ(朝鮮の釈迦誕生図
  • シルクロードの仏伝図)
  • 浄土のイメージ(法隆寺金堂壁画
  • 此岸から彼岸へ渡る)
  • 仏教を守護するものたち(十二神将のかたちと役割)
  • 六道の苦しみからの救済(説法する地蔵菩薩
  • 餓鬼に食を施す)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仏画の見かた
著作者等 中野 照男
書名ヨミ ブツガ ノ ミカタ : エガカレタ ホトケタチ
書名別名 描かれた仏たち

Butsuga no mikata
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 110
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2001.1
ページ数 182p
大きさ 19cm
ISBN 464205510X
NCID BA49753776
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20145761
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想