女性の就労行動と仕事に関する価値観

森永康子 著

本書は女性の就労行動と仕事に関する価値観について調査・研究し、まとめたものである。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 序 日本の女性の就労の現状
  • 第1章 職業選択の性差を説明する従来の理論の概観
  • 第2章 仕事に関する価値観についての従来の研究の概観と本研究の課題
  • 第3章 日米の女子大学生の仕事に関する価値観(研究1)
  • 第4章 仕事に関する価値観の測定項目の作成(予備調査)
  • 第5章 男女大学生の仕事に関する価値観(研究2・研究3)
  • 第6章 女子大学生の仕事に関する価値観と希望する職経歴(研究4)
  • 第7章 成人女性の仕事に関する価値観(研究5)
  • 第8章 総合的考察

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 日本の女性の就労の現状 / p1
  • 第1章 職業選択の性差を説明する従来の理論の概観 / p5
  • 第1節 Gottfredson(1981)の境界モデル(circumscription model) / p7
  • 第2節 Hackett & Betz(1981)の自己効力感理論(self-efficacy theory) / p8
  • 第3節 Astin(1984)の社会・心理学的モデル(sociopsychological model) / p9
  • 第4節 Eccles(1987)の達成に関する選択モデル(model of achievement-related choices) / p11
  • 第5節 女性の就労行動を理解するための示唆 / p12
  • 第2章 仕事に関する価値観についての従来の研究の概観と本研究の課題 / p17
  • 第1節 仕事に関する価値観についての従来の研究の概観 / p17
  • 第2節 本研究で検討する課題 / p22
  • 第3章 日米の女子大学生の仕事に関する価値観(研究1) / p24
  • 仕事に関する価値観における文化差/女性の就労行動と性役割態度/方法/結果/考察 / p24
  • 第4章 仕事に関する価値観の測定項目の作成(予備調査) / p36
  • 重視する仕事の側面-自由記述による検討-(予備調査1)/重視する仕事の側面-評定尺度による検討-(予備調査2)/仕事に関する価値観の測定項目の分類 / p36
  • 第5章 男女大学生の仕事に関する価値観(研究2・研究3) / p48
  • 第1節 総合大学の男女大学生の仕事に関する価値観(研究2) / p48
  • 仕事に関する価値観における性差/方法/結果/考察 / p48
  • 第2節 教員養成系大学の男女大学生の仕事に関する価値観(研究3) / p61
  • 問題と目的/方法/結果と考察 / p61
  • 第3節 総合的考察-仕事に関する価値観における性差- / p65
  • 第6章 女子大学生の仕事に関する価値観と希望する職経歴(研究4) / p67
  • 就労行動における女性内の多様性/方法/結果/考察 / p67
  • 第7章 成人女性の仕事に関する価値観(研究5) / p76
  • 問題と目的/方法/結果/考察 / p76
  • 第8章 総合的考察 / p102
  • 第1節 本研究から得られた知見 / p102
  • 第2節 女性の就労行動と仕事に関する価値観 / p106
  • 第3節 今後の課題 / p110
  • 引用文献 / p114

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 女性の就労行動と仕事に関する価値観
著作者等 森永 康子
書名ヨミ ジョセイ ノ シュウロウ コウドウ ト シゴト ニ カンスル カチカン
書名別名 Josei no shuro kodo to shigoto ni kansuru kachikan
出版元 風間書房
刊行年月 2000.12
ページ数 120p
大きさ 22cm
ISBN 4759912304
NCID BA49716667
BB1279147X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20140939
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想