解決志向の言語学 : 言葉はもともと魔法だった

スティーヴ・ド・シェイザー 著 ; 長谷川啓三 監訳

現代心理療法界における優れた思索者であり臨床家でもあるド・シェイザーの、その理論と実践が明らかにされる。心理療法において来談者(クライアント)が告げる「言葉」の深層は探る必要がないとする立場(反・ラカン/ソシュール)から、クライアントが語る「問題」とセラピストが引き出す「解決」の物語りの関係を通して新たな言語学を構想する。ユーモアを交えながら、本書の大半に及んで「解決」への具体的かつ詳細なセラピー(会話)を展開、「言葉」のもっている呪術的な力が明らかにされ、われわれを最先端の心理療法の術へと導いてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「ことばのやり取りに他ならない」
  • ことばと構造、構造とことば
  • ラカンの穴と全体
  • 問題の表層への到達
  • ベイトソンの「認識論」-ブラックホールか?
  • フロイトのあやまち-ことばは魔力を失わず
  • プロブレム・トークとソリューション・トーク
  • 表層の「問題」にたどり着く
  • クライアントが話す内容をそのまま受け取ること
  • 「何か良いことはありましたか?」-初回面接以降
  • 成功の物語を構成することコンサルテーション面接
  • かろうじて5になるということ
  • 表層-そこに解決を求める
  • ちょっと待って、それが奇跡なんだ
  • エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 解決志向の言語学 : 言葉はもともと魔法だった
著作者等 De Shazer, Steve
長谷川 啓三
ド・シェイザー スティーヴ
書名ヨミ カイケツ シコウ ノ ゲンゴガク : コトバ ワ モトモト マホウ ダッタ
書名別名 Words were originally magic

Kaiketsu shiko no gengogaku
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2000.11
ページ数 405p
大きさ 20cm
ISBN 4588022040
NCID BA49690530
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20140494
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想