新年の挨拶

大江健三郎 著

年のはじめに受けとる不思議な懐かしさの電話。折おりの手紙・読書・出会いを通じて届く思いがけない呼びかけ。それにこたえる心の中での新しい動き、深められていく生と死への想いを、人生の挨拶として綴ったエッセイ集。物語りをする仕方で生きてきた小説家としての人生を顧みるエッセイ「生きられた人生の物語」も収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • チャンピオンの定義
  • 死んだ人々には、慨く術もない以上
  • 「チンドン屋」
  • 現代伝奇集
  • 心理療法家ヴァージル
  • 星座をつくる
  • アイルランドの飛行士が死を予見する
  • 犬を殴る父
  • 緑の壁
  • 痛みを思い出す
  • フルートとピアノのための「卒業」
  • ハワイ島の「雨の木」
  • 原広司の大瀬中学校
  • 火ぞ沈む、われ何時の日か鹿島立たむ
  • 「無垢なもの」、光の音楽
  • 返礼
  • ラングステットルンドの山毛欅
  • しかも(私の魂)は記憶する
  • 病める子供らのための
  • カトーの藺草
  • 生きられた人生の物語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新年の挨拶
著作者等 大江 健三郎
書名ヨミ シンネン ノ アイサツ
書名別名 Shinnen no aisatsu
シリーズ名 岩波現代文庫 : 文芸
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.12
ページ数 243p
大きさ 15cm
ISBN 4006020236
NCID BA4969052X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20126340
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想