老人読書日記

新藤兼人 著

八十八歳の映画監督の夜にしのびよるすさまじい孤独、ひとときの救いは一冊の本だ。新しい本には秘密の扉を開くときめきがある。古い本もまたいい。そのときどきの自分の生きた時代に出会える。そのむかし、心を揺り動かしたものが、いまどんな姿をしているだろうか、別れた恋人に出会うような気持ちである。スーパー独居老人の読書三昧。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 西田幾多郎からシェイクスピアへ
  • ラスコーリニコフ
  • 荷風の断腸亭日乗
  • 漱石と子規の「私」
  • テネシー・ウィリアムズの「私」
  • チェーホフの「私」
  • ゲイリー・ギルモアの「私」
  • 棄民たちの「私」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 老人読書日記
著作者等 新藤 兼人
書名ヨミ ロウジン ドクショ ニッキ
書名別名 Rojin dokusho nikki
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.12
ページ数 217p
大きさ 18cm
ISBN 4004307066
NCID BA49687478
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20148255
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想