博多 : 町人が育てた国際都市

武野要子 著

古代より大陸への門戸として発展してきた港町、博多。金印発見のドラマ、大唐街の発展、蒙古の襲来、アジア貿易で巨富を築いた豪商たち、旦那衆の芸能と祭りの隆盛…。今も色濃く残る博多町人気質や博多らしさのルーツとは何か。大きな歴史のうねりに翻弄されながらも独自の伝統を育んできた魅力的な都市の歴史・文化案内。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 金印発見の地
  • 第2章 元寇の舞台
  • 第3章 豪商たちの世紀
  • 第4章 博多と福岡
  • 第5章 博多町人気質
  • 第6章 博多ごりょんさんの生活史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 博多 : 町人が育てた国際都市
著作者等 武野 要子
書名ヨミ ハカタ : チョウニン ガ ソダテタ コクサイ トシ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.12
ページ数 215p
大きさ 18cm
ISBN 400430704X
NCID BA49686974
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20148257
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想