悪問だらけの大学入試 : 河合塾から見えること

丹羽健夫 著

大学生の学力低下が著しいとよく言われる。そして、日本の将来を危うくしかねないこの大問題と関係して、最近の大学入試問題が変だと囁かれはじめている。さらに、この事態を受け、あろうことか予備校が大学に成り代わって、その大学入試問題の作成を請け負うとアピールするに至った。著者は、全国の主要大学の入試問題を徹底調査、検証しながら、悪問の増加傾向と学力低下の根底に横たわる日本の教育上の様々な問題を解き明かし、公教育から一歩引いた、自由な空間である予備校の窓から見える二一世紀の日本の教育を提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 悪問だらけの大学入試
  • 第2章 大学入試問題作ります
  • 第3章 大学生の学力低下問題・鍵は入試問題に
  • 第4章 できる子は本当にできて、できない子は本当にできないのか?
  • 第5章 後発大学は東大に勝てるか
  • 第6章 予備校ララバイ
  • 第7章 学校という国の装置は存続できるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悪問だらけの大学入試 : 河合塾から見えること
著作者等 丹羽 健夫
書名ヨミ アクモンダラケ ノ ダイガク ニュウシ : カワイジュク カラ ミエル コト
書名別名 Akumondarake no daigaku nyushi
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2000.12
ページ数 219p
大きさ 18cm
ISBN 408720071X
NCID BA49660766
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20159905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想