循環型社会科学と政策

酒井伸一 ほか著

持続的開発の可能な社会をめざして、循環型社会の形成と化学物質の制御を同時に達成することはできるのか。環境保全と生体健康を図り、廃棄物発生を抑制・再利用するスキームの創造を訴える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 循環型社会をめざして(象徴的な環境汚染問題の構造と課題
  • 循環型社会の基本的考え方と社会政策
  • 化学物質コントロールのための科学技術と社会制度
  • 循環型社会の科学と政策)
  • 第2章 人工化学物質がもたらす健康影響(人工化学物質によるヒトへの健康影響
  • 微量化学物質汚染、内分泌攪乱物質とダイオキシンの影響
  • 地球環境時代における生態毒性学の確立)
  • 第3章 循環型社会形成と化学物質コントロール(循環廃棄のインテグレーション
  • 化学物質の工学的制御)
  • 第4章 循環型社会の社会経済システムと公共政策(大量廃棄社会から低環境負荷循環型社会へ
  • 大量廃棄社会の経済メカニズム
  • 循環型社会の公共政策)
  • 第5章 循環型社会における法の役割(物質循環と法
  • 化学物質の管理と法
  • 廃棄物・リサイクルと法
  • 有害廃棄物による汚染と法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 循環型社会科学と政策
著作者等 大塚 直
森 千里
植田 和弘
酒井 伸一
書名ヨミ ジュンカンガタ シャカイ カガク ト セイサク
シリーズ名 有斐閣アルマ : Advanced
出版元 有斐閣
刊行年月 2000.12
ページ数 340p
大きさ 19cm
ISBN 464112101X
NCID BA49657852
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20142951
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想