高峰譲吉の生涯 : アドレナリン発見の真実

飯沼和正, 菅野富夫 著

世紀の大発見は盗作だったのか?国際結婚、ベンチャービジネス、タカジアスターゼ開発-日米をまたにかけて活躍した明治人の華麗な生涯。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 十歳で長崎遊学
  • 遍歴四年、工部大学へ
  • 「いやはや鉄だらけに御座候」
  • 万博出張、キャロラインと婚約
  • ヒッチ家のことなど
  • 人造肥料会社を設立、結婚
  • 米麹方式をウィスキー製造に
  • 会社を捨て米国に移住
  • 試験醸造の成功と挫折
  • 生死の境を脱し、再起へ
  • タカジアスターゼの発見
  • シガゴでの雌伏、義母の憤死
  • アドレナリンの発見
  • 反響、名声、疑惑
  • 上中啓三と高峰譲吉
  • 栄光の帰国
  • 松楓殿、無冠の大使、豪邸
  • 理研創設を「唱導」
  • 「三共」と手を組んで
  • 死と遺族、そして遺言
  • アドレナリンの復権を求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高峰譲吉の生涯 : アドレナリン発見の真実
著作者等 菅野 富夫
飯沼 和正
書名ヨミ タカミネ ジョウキチ ノ ショウガイ : アドレナリン ハッケン ノ シンジツ
シリーズ名 朝日選書 666
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2000.12
ページ数 338, 9p
大きさ 19cm
ISBN 4022597666
NCID BA49644828
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20138484
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想