H.pylori除菌時代の消化性潰瘍の治療

中村孝司 編著

本書は、H.pylori除菌療法の時代を迎えた消化性潰瘍の治療法を整理し、これをまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 消化性潰瘍の治療の歴史
  • 2 治療に必要な診断学
  • 3 潰瘍治療の目標と方針
  • 4 H.pyloriの除菌療法
  • 5 NSAID潰瘍の予防と治療
  • 6 ストレス潰瘍の発生機序とその治療評価
  • 7 難治化の原因と難治性潰瘍に対する対策
  • 8 小児潰瘍の実態と治療
  • 9 高齢者潰瘍の特徴とその治療
  • 10 合併症への対応
  • 11 対症療法
  • 12 維持療法の意義と方法
  • 13 一般的治療の意義
  • 14 潰瘍治療薬の臨床

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 H.pylori除菌時代の消化性潰瘍の治療
著作者等 中村 孝司
書名ヨミ H. pylori ジョキン ジダイ ノ ショウカセイ カイヨウ ノ チリョウ
出版元 日本メディカルセンター
刊行年月 2000.11
ページ数 303p
大きさ 27cm
ISBN 488875120X
NCID BA49639431
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20203943
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想